アトピーは食品で改善しよう|スベ肌マジックの秘訣

かゆみの強い湿疹

中年女性

かゆみの強い湿疹が長く続く症状は、アトピー性皮膚炎の可能性があります。アトピー性皮膚炎は、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層の方がかかる皮膚病で、強いかゆみが全身に発症するのが特徴です。範囲や症状の程度は人によって異なりますが、軽度のものから日常生活を送るのが困難になる重症の症状まで、個人差が大きいのも特徴です。アトピー性皮膚炎を改善させるために必要な治療は、皮膚科で行われています。皮膚科では、アトピー性皮膚炎の炎症を速やかに鎮めるステロイド外用薬が処方されるのが一般的で、薬を使用することによってかゆみや赤みは改善し、症状をコントロールすることができるといわれています。その他、内側からのケアとして、栄養不足を補うサプリメントも重要とされています。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー症状の一つであると考えられているため、アレルギー体質の方に多い腸内環境の悪さを改善させることで、症状を軽減させることができるケースが認められています。腸内環境を整える整腸剤とビタミン剤を組み合わせることでアレルギー症状を改善させる治療は近年流行しています。ビタミン剤は、ビタミンCとビオチンと呼ばれるビタミンHが使用されますが、これらは皮膚科で処方してもらうこともできますし、インターネット通販などで購入することも可能です。又、胃腸に負担をかけない和食はアトピー性皮膚炎の患者には推奨されているので、積極的に日々の食事に取り入れましょう。逆に酸化した油脂を含むスナック類やファストフードなどは控えた方が良いと考えられています。他にもアトピーの改善に効果が期待出来る成分や食材は多数あります。魚や大豆食品、ミネラルが豊富に含まれている海藻類がアトピーには良いと言われています。ステロイド外用薬を使用することも大切ですが、内側からもしっかりとケアしていきましょう。

健康に良い微生物とは

ドラッグ

ミドリムシは植物と動物の両方の性質を持つ微生物で、豊富な栄養素を含み、人々の健康にとって様々な良い効果をもたらすことがわかってきています。このため、健康食品も数多く販売されています。購入する際は、配合量や一緒に含まれている成分などを考慮します。自分に合った健康食品を摂取し続けることが大切です。

詳しくはこちら

腸内環境を良くする成分

メディシン

発酵食品は健康に良いと言われていますが、それは乳酸菌が含まれているからです。乳酸菌は腸内環境を良くする効果があります。また酸に弱いという特徴があるので、胃酸にやられて腸内まで届かないことが多いのです。それをカバーするのが乳酸菌のサプリです。いつでも飲めて、腸内へ届けることができるので人気があります。

詳しくはこちら

様々な病気に効果がある

蜂蜜

多くの病気に活性酸素がかかわっていると言われています。プロポリスには高い抗酸化作用があり、様々な病気から体を守ってくれます。このプロポリスには抗炎症作用もあることから、原液を飲むときはできるだけ、そのままの形で飲むことをおすすめします。

詳しくはこちら