アトピーは食品で改善しよう|スベ肌マジックの秘訣

腸内環境を良くする成分

メディシン

腸まで届く食べ方が大事

納豆や漬け物、ヨーグルトやチーズなどの発酵食品は健康に効果があるとして知られていますが、それらに含まれているのは乳酸菌です。なぜ乳酸菌が健康にいいかというと、腸内環境を良くするからなのです。乳酸菌には動物性と植物性に別れており、乳酸菌を生きたまま腸内に届けるためには植物性の方が効率が良いのです。植物性の乳酸菌は酸や熱に強いので胃酸にやられることなく腸に届き、善玉菌となって健康維持に役立つのです。胃酸に弱いというのが乳酸菌の特徴ですが、そのためには食べ方に工夫が必要です。大量に食べると胃は胃酸をたくさん出します。また空腹時にも多く分泌されます。最も良い食べ時は、それほど空腹ではなくおやつを食べる感覚で摂取するのが、最も良い方法です。

サプリに人気がある理由

乳酸菌をたくさん摂取しても胃酸にやられてしまうと腸まで届かず、効果がなくなります。そこで効果的なのがサプリメントです。胃酸にやられるのをカプセルで防ぎ、腸内まで届けてくれます。またサプリなら外出時にも持っていけるので、どこでも服用できるメリットがあります。現代人は生活や仕事が忙しいので、最も良い食べ時を狙って乳酸菌を摂取するのはかなり難しくなっています。そのような時に乳酸菌のサプリがあれば便利です。最近では胃酸に負けない乳酸菌なども開発されており、今後はもっともっと手軽に腸内に届けられる製品が生まれてくるはずです。また腸内環境の改善だけでなく、免疫を活性化させる効能があることもわかっており、様々な病気の治療にも役立ちます。